20230317

813




3/15 フォートワース→オースティン

ミスターホスピタリティ、DJの家で目を覚ましたのは9時前くらい。エアマットレスの空気が抜けまくっていてず〜っとベッドから落ちそうになってて、それに耐えつつ起床したので(あと急にネコがやってくる)、回復度は40%。そして私が動くと逆サイドにいる上田くんが落っこちそうになるので、バンドの絆を試される睡眠でした。

DJたちは、というか結構このパターン多いんですが深夜にダラダラウィードと酒をキメながらテレビを見る、てのをやってたっぽくて全く起きてくる気配がなかったためお土産のブラックサンダーをこっそり置いて10時くらいには出発。オースティンまでは3時間、5時からライブなので超余裕だね、どうしようかアハハハ…みたいに思ってました。この時までは。

オースティンもダラス/フォートワースも大都市なのでその間のフリーウェイは比較的車が多い。エルパソ→サンアントニオの時のふざけて一分間クラクション鳴らし続ける遊びとかも出来ないくらいひっきりなしです。前夜のJack in the Boxのせいで暫くはお腹が減ってなかったのですが、昼くらいになって流石にチラッとどこかに寄ろうか、と前回も行ったかもしれないおそらく最大規模のBuc-ee'sへ。私たちの給油機の番号は230番だってので単純にあと229台同時にガソリン入れられるのって慣れ始めててもやはり考えると凄いですね…。ただ激混みで、たぶん給油のとこに停めながら中でゆっくり買い物してるからだと思うんですが、店内も激混みでした。99セントの美味しいコーヒーと、ブリトー、スライスブリスケットのサンドイッチ、チキンサンドイッチなどをチョイス。食べ物は結構高いですね。ブリトーは冷凍食品みたいなフィーリングで不味くはないものの普通でした。

オースティンに着いたのは1時半過ぎくらい。会場のThe 13th Floorは割とべニューが固まってるいちばん中心のエリア。とりあえずSXSW含めべニューの雰囲気でも見てみるかね、と思いきや、鬼すぎるっていうか麻痺っていってもいいくらいの渋滞、そしてGoogleマップの更新も追いつかないレベルの交通規制。車線封鎖で全く意味がなかった1ブロックをぐるって回るだけのモーションで1時間かかってしまい、これは本気で遅刻するぞって思うレベルでした。SXSWって毎年やってるのに何故こうなってるのかな…搬入のためにべニューに近づく事も出来ず、駐車禁止エリアで停車してバケツリレースタイルで搬入するもその間にも監視員に早くしろ的なプレッシャーをかけ続けられ、なかなかに体力ゲージを奪われます。

この日の私たちの演奏は2つのSXSWオフィシャルショウケースの間の時間にべニューがセッティングしたものだったので、そもそも演奏含めてべニューに滞在して良い時間が5:00〜6:00の1時間。さらに物販置いちゃダメ(というより撤収とか考えたら物理的に無理)、ギャラも無し、ていう正直言って何のためにやるんだろう?的な感じではありました。ストリートパーキングなんて当然絶対無理なので33ドルする駐車場に停めて、負け確定のライブでしたが私たちはやり切りました!大事な事なのでもう一回言いますが私たちはやり切りました!明日もオースティンでライブやるから来てね、インスタとかチェックしてね、物販持ってきてはいるからメンバーに声かけてね、と普段言わないセールスMCも交えてやり切りました。おかげでちょっとは売れたのと翌日の動員をゲット出来たのと連絡先の交換的なやつはできました。

ライブはやりきったけど全体的に負けた気持ちで会場を後にして、フウフウ言いながら2ブロックくらいの距離機材を撤収して、駐車場の辺りで各車のフロントガラスを見てる類の絶対こいつアレじゃんか…的な人も割といるちょっとリスクに感じたゾーンだったので早々に車を出して移動。ブリタニーという毎回ホストしてくれる友達の家にもう行っちゃうか、なんならブリタニーのDJを見にいくか、少しご飯とかを食べていくか、っていうのを決めかねてましたが本人がいなくて面識のない家族だけいる家にいきなり行くのに少し気後れ、あとブリタニーはオフィシャル枠の出演だからリストバンドしてないと入れない、てのがあり消去法で街の穏やかな方のゾーンへ。

フードトラックでパッタイ、カオマンガイ、マッサマンカレーなど食べてからBlue Owl Brewingっていう緊急事態宣言で当日オースティンに着いた瞬間にショーがキャンセルになった時にも行ったブルワリーでお酒。ここはサワー系のビールに特化した超珍しいブルワリーで、デートとかでここを選んだら貴方の株が上がるのではないでしょうか。ビールも美味しいです。酸味は疲れた時に効く。

結局意を決してブリタニーの家へ。初めて行った時は教えてくれた住所の番地が間違ってて、私が豪快なタイプの人間だったら無関係の人の家急にガチャって開けて、それって撃たれても文句言えないですよね…。私がビビりで良かった。前回ネコが2匹いたはずなんですが何故か今回犬に変化してて、ネコ2匹が合体してそうなったのかわかりませんが小型犬で誰にでもお腹見せちゃうタイプなのでそこも安心。不意打ちでおそらくブリタニーのお母さんと対面しましたが、挨拶してカラフルなかりんとうのお土産を渡しつつ犬好きなおとなしい無害のアジアンを演出出来て良かったです。

結局起きてるうちにブリタニーが帰って来ず、ひっそりと撃沈。