20180509

510

5/7 ポートランドサクラメント(600マイル)
今日も晴れ!晴れ晴れ!そして本ツアー最長移動日!
ステイ先のそばにあるグロッサリーで朝ごはんやコーヒー、インスタ映えのみを意識して買った巨大パンなどを積んで出発。そういえばこの近くにはケネディスクールという元小学校をリフォームしたアートスペース?バー?があるというのにそこは伺えずでした。近いからこそのそういうのとか、ありませんか。

ポートランドを出て早速渋滞に捕まったりしたものの概ねナイスな感じでドライブ。オレゴンからカリフォルニアに抜けるinterstate5ではシャスタ山という美しい山を見ることが出来ます、さらにここを境に植生がガラッと変わる印象があります。

これまで何度催促しても大丈夫!進んでるし情報すぐに教えるねって言ってた5/8,5/9のブッキングを司る人がまさかの全く何もしてない疑惑、どころか連絡完全ブラックアウト状態になってしまい、そちらは諦めて急いで各方面に相談。マジかよと思いつつもじゃあどうしようかなとすぐ切り替えられるようになったかもしれません。ベイエリアはツアー初日のバークレーも当日無理やり混ぜてもらったみたいな急造イベントだったしご縁が乏しいのかもしれません。ただアンプ不調、機材グラングランのアレのリベンジもしたかったので5/8サンフランシスコ、5/9オークランドが改めて決まった時にはそういうタイプではないもののやってやるぞという気持ちになりました。

往路はアーケータから鬼の山道を通ったため知りませんでしたが復路には検問。Any friuits in your car?と聞かれます。たぶん広大(本当に広大)な果樹園を持つカリフォルニア州に植物の病気を持ち込ませないようにするためのものなのだと思いますが、柑橘類とかナッツはアウト。バナナはセーフ。時期によってダメなものが変わるそうで、聞いた話によるとダメなものを持ってても天然な日本人感を出せば大丈夫だけど、いったん引っかかるとブラックリストに載っちゃって今後イミグレとかでネチネチそれを理由に身体検査されたりと不利益を被ることになるそう。我々は幸いLAで間違えて買った調理用バナナ(小さくて超固いやつ)しかなかったため問題なし、基本ザルな検査と思いますが変にオドオドしたりすると車の中を見られるかもしれません。

それにしてもカリフォルニアの日の長いこと!20:00くらいで漸く日が沈み20:30くらいに漸く暗くなるのですが、それまで5時間くらいずっと夕方で、地平線やケミカルブラザーズのスターギターMVくらいミニマルにリズミカルに続く果樹園、40秒くらい目を閉じる遊びをしても大丈夫なくらい真っ直ぐな道路、深い虹のような色に変わる空、そんな中聴くペットサウンズがとても沁みました。往路は道がクネクネしてて緊張しましたが復路は都市部と一部山間部を通った以外はウルトラストレートだったため600マイルなれどそこまで疲労困憊にはならず。

サクラメントの遅くまでやっていてさらに意識高いグロッサリーストアへ行きロングドライブ慰労会のための食品を買い込み。ビールだけで100種類以上あって迷うもののサクラメント製のビールやカリフォルニアワイン、さらにインスタ映えという誘惑にかられて鶏の丸焼き(そのくせ写真を撮り忘れました)、ヒヨコ豆のサラダ、あと朝買って当然残った巨大パン、これらを小脇にザック家へ帰還。

ルームメイトのテイラーやジョーダンも集結してきて謎のパーティが開幕!ザックが近所の日本グロッサリーで買ったという大関や月桂冠、オリオンビールはまさかの日本より安いという事がわかってパーティの火に油を注いでど平日から祭り突入。結局山本氏が完全終了するレベルまで酒の入る、この旅ひとつのピークがこの日刻まれるのでした。泥のように最高に撃沈。