20171119

471

ルロウズ東北へ行きます!米沢は初、おそらく見舞われるであろうフル雪の中の移動も割と初!7インチに加えて札幌ツアーで売り切れになった新Tシャツも増版しました。

11/23(木祝)米沢LIVE-ARB
【-------vol.2】
"DOUGHNUT/ODD"TOUR IN YONEZAWA
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■smokin' planet
■Frog In Culvert
open/start 19:00/19:30
adv/door 2000/2500(+D)
学生500円オフ!
http://live-arb.com/

初日は初となる米沢へ!ずっとstudio tissue★box荒川氏にオススメされていた場所なだけに漸く伺うことが出来て非常に嬉しく楽しみです。
ルロウズはロングセット予定!素敵なご縁となりますように。

11/24(金)HOPE
【ROOTS of HEART#2】
"DOUGHNUT/ODD"TOUR IN SAKATA
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■まっくら学芸会
■Axis of rotation
open/start 18:30/19:00
charge 1500(+D)
*ルロウズの出演は最後、20:50頃予定です。
http://sakatahope.com/

2日目は酒田!きっと月山道で雪雪雪!前回酒田最高だったので、また機会を頂けて嬉しい限りです。ギター弦が切れるっていうキャリアで数回しかないベタなトラブルを起こした場所なので今回はノートラブルメニークライマックスな演奏を心掛けます。

11/25(土)仙台K's STUDIO
OBT×7magazine presents
◾️LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
◾️olololop
◾️waikikichampions
◾️FLEX
◾️jualalai
◾️CONTRAIRE
open/start 18:00/18:30
charge 2000
http://www.ksstudio-sendai.com/

そして3日目は仙台、またしてもきっと月山道で雪雪雪雪!心からの本音なので臆面もなくコピペしますが前回仙台最高だったので、また機会を頂けて嬉しい限りです。札幌のオモシロトリオolololopと一緒!さらに前々回仙台で共演したwaikiki champions、CONTRAIREとも一緒!そして会場近くのナイスレコード店volume1(ver.)にも行けそうですべて楽しみです。

上記3公演、ならびに超先行予約受付中の1/6【MITOHO SESSIONS】下北沢公演のご予約承ります。

*必須


    公演日 *

    お名前 *

    メールアドレス *
    info@loolowningen.comよりメール受信可能なアドレスをご入力下さい。

    ご予約枚数 *

    Google フォームでパスワードを送信しないでください。

20171115

470


先行公開!2018/1/6(土)下北沢ERA+rinkydink1stを完全にルロウズと仲間たちがジャック!ERAと&records全面協力のもと昼から翌朝まで【MITOHO SESSIONS】やります!

これまでシリーズ未踏峰に出演してもらった最高のアクトたち、新しく繋がった極上のアクトたち、あわせて合計40近くの至高のアクトたちが「時代を流浪する、全ての人たちへ」鳴らす音楽の一大タスキリレーをご覧ください。

なお今回深夜公演については未成年の方がご入場頂けません。ついては昼夜公演"FAREAST SUNSET"と深夜公演"IDIOTIC DAWN"の2部構成でお届けいたします。


2018/1/6(土)下北沢ERA+rinkydink1st+ERAの上
【MITOHO SESSIONS】

"FAREAST SUNSET(昼夜公演)"
下北沢ERA+ERAの上
start/13:00 charge 2,400(+D)
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
 +西田修大(gt from吉田ヨウヘイgroup)
■and more..
全13組予定

"IDIOTIC DAWN(深夜公演)"
下北沢ERA+rinkydink1st+ERAの上
start 24:00 charge 2,400(+D)
*深夜公演のため未成年の方はご入場頂けません。
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■and more..
全25組予定

そしてたった今から超先行割引予約受付開始いたします!

★①通し券("FAREAST SUNSET"+"IDIOTIC DAWN") 3,000(+D) 
   (*未成年の方はお求め頂けません)

★②昼夜公演券"FAREAST SUNSET" 1,500(+D)

★③深夜公演券"IDIOTIC DAWN" 1,500(+D)
   (*未成年の方はお求め頂けません)

期間は第1弾アクトが発表されるその瞬間まで!
【MITOHO SESSIONS】ブランドを信頼頂ける方をご優待したく赤字覚悟で設定してみました。いずれも枚数限定です。

下記予約フォーム、公演日欄にご希望の公演名(わかるように書いて頂ければOKです)、枚数(おひとりさま2枚まで)など明記の上お送りください。不明点、不都合点などあればinfo@loolowningen.comにご質問ください。ルロウズとともに疲労困憊しましょう…!
なおメールアドレスが間違ってなければ自動的に予約完了メールが届きますが、タッチの差で予約が埋まってしまった場合などお断りのメールを改めて差し上げる可能性がございます、ご了承くださいませ。
予約状況などは随時webでお知らせいたします。


*必須


    公演日 *

    お名前 *

    メールアドレス *
    info@loolowningen.comよりメール受信可能なアドレスをご入力下さい。

    ご予約枚数 *

    Google フォームでパスワードを送信しないでください。

20171114

469

11/10 東京→札幌
ちょっとした事情で札幌へ前日イン。かれこれ両手を超える回数はバンドで使ったルートなのですが、夕方に羽田空港へ行ったのも初めてなら夜に新千歳空港に着くのも初めてで、空港からの夕景や夜の高速バスの感じ(超満員)なども新鮮でした。

20時過ぎに11/11出演する会場のカフェエストラーダに無理を言って機材を置かせてもらい中心部へ。いつも夜はライブがあるためこの時間帯を何してもいいですよ、でも私物の荷物結構ありますよね、っていう状況は初めてだったこともあり1回落ち着かせるため狸小路方面へ。足は自ずと必ず札幌公演で1食目にしているスープカレー名店「SAVOY」へ…と思いきやまさかの閉店の張り紙。これまで1回のツアーで2食食べたりすらしていた、私たちにとってベースキャンプのようだった安住の地がひっそりとおしまいになっていて諸行無常を強く感じました。しょうがなく…と言うと失礼ですが向かい側の「CANCUN」へ。もちろん味は美味しかったしムードも素敵でした!が、この複雑な気持ちだけはお察しください。。

SPIRITUAL LOUNGEで札幌の叔父こと新保氏に挨拶をしてから、まいご(彼らも活動が止まるとのことでこれまた諸行無常。。)やんしー氏と合流して北24条の「朱蔵」で日本酒祭り。やんしー氏は1年ぶりに会うと完璧日本酒ソムリエ化していて、”花邑””新政”など蔵元の音楽の好みまで把握してる入れ込みようで大変勉強になりました。そしていちいち紹介する酒が美味しい感じ…。
そのままやんしー邸に収容されて、さらに氏の日本酒コレクション(と日本酒メーカーの段ボールの山)に圧倒されつつ27時頃沈没。やんしー氏、フルパワーで付き合っていただきありがとうございました。

11/11 札幌
起きると予報通りの雨。しかもまあまあ強めのやつ。うっすら心が折れつつも前夜演奏をしていないためかなり元気な状態で近くの「CAFE&BEERチラウト」でパスタのランチ。ウッディでオシャレな店内なのにBGMで一生竹原ピストルのCDがループでかかっていて食事中に3曲くらい覚えました。食事中に励まして頂きありがとうございました。
食後やんしー氏と別れ山本氏は友人との邂逅、赤倉氏と上田氏は会場最寄り、学園前駅にてフィーリングで入った「garden」で急に散髪。

会場のエストラーダは店主の趣味でラテン系パーカッションが多くある、ジャズや小音量のブルーズ向きのカフェといった趣でルロウズのキャリアの中でもいちばんマイルドなムードの場所だったかもしれません。近くに民家もある環境でしたが音量自体は結構しっかり出しても全く問題なく、リハでも普通の感じでやれました。
この日はolololopの俊英、高島連氏のマシンソロからスタート。現olololopメンバーはこの日全員集結してましたが考えたら再来週に仙台で、そして来月熊本でまた会えるんだなあと思うと不思議なものです。
ルロウズは高島氏を最後ゲストに2曲追加で演奏。集中して演奏出来ました。

11/11 CAFE ESTRADA
1.SMOKE ON THE WATER(DEEP PURPLEカバー)
2.象を撃つ
3.ユスリカ
4.あとで
5.ネオンライト
6.図書館
7.桜桃、梨
8.inferior/superior
9.楕円のドーナツ
10.サヨナラ(GAOカバー)
11.針金の木
(全体にうろ覚え)

そして主催nessieは…、初めて共演した苫小牧の頃から心に強く残るバンドではありましたが、まだそのころは言ってしまえばSONIC YOUTHフォロワー臭というかローファイというか、定型のバンド感の中での良い悪いといった評価だったのですが共演を重ねるにつれもはや悪い意味でのロックバンド感みたいなものは一切消え去って、というか完璧に解脱して、繊細なコード感、アヴォイドを恐れない旋律、湖面の微妙な揺らぎや木漏れ日の微かな陰影や奥行き、そういったものを表現するインテリジェントでアーティスティックな、そして何よりも本質的なポップスの嗅覚を見事に鳴らす化け物のような集団に進化していました。

そんな強い印象を残しつつ終演。物販もたくさん手に取って頂きました。ありがとうございます!終演後はすすきのへ移動してこれまた名店「たゆたう」で打ち上げ。燻製も美味しかったしnessieチームの話も全部面白かったし、ハッピーで充実の時間を過ごせました。ハラスの燻製の皆さんありがとうございました。
27時頃nessieリーダー大竹氏の家へ収容され柴犬のハナちゃんとディープコミュニケーションをとりうっかり眠れなくなりつつ29時頃沈没。仕切ってくれたnessie中野氏、大竹氏本当にありがとうございました。

11/12 札幌
昼前に起床して大竹氏と家の近くを30分ほど散策しつつ「カリー乃 五〇堂」でランチwith札幌の父と兄。札幌の父河合氏の結婚にようやく直接お祝いを伝えることが出来て良かったです。スープカレーもとても素敵でした。ありがとうございました。

この日の会場はすすきのど真ん中。昨日とはうってかわってザ・ススキノって感じのピンクやグリーンの怪しいLED照明が明滅する環境でした。
この日主催をかって出てくれた札幌の兄江河氏はevepartyで出演。先日toddle企画で渋谷で見たのですがアメリカーナでフォーキーなオルタナポップスといった塩梅で、江河氏の色々なバンドを見てますが、いちばん氏がやっていたお店「NAVYO」で流れていた音楽のムードに近いルーツ的なものなのかもしれません。
この日は4組。オープナーのHasymonew Bandはつい先日【MITOHO SESSIONS】で東京へお招きしたばかりだったので久しぶりってほどでもない感覚。ハシモ氏はやはりほっとけないタイプのロックスターです。
2組めのSpartan Kixxは全く想像ですが東欧のスクワットにいる感覚になるような不良感の強い(けどきくけん氏のキャラクタのせいもありキャッチーに着地する)ジャンク/サイケデリックテクノ。会場の音響のせいかバンドがフワフワめに聞こえる環境の中スーパーローがバチンと出たバキバキの音で突進力の高い感じ素敵でした。
ルロウズは前日とややセットとモードを変えて演奏。ソリッドめな曲中心にしてみました。

11/12 xenon
1.群盗
2.象を撃つ
3.ユスリカ
4.クレンジング・ミー
5.カンダタ
6.バグとデバッグ
7.inferior/superior
8.楕円のドーナツ

トリのevepartyはアンセム感強い演奏、青柳唯バンドとかでも感じたのですがデンスケ氏のギターは美味しいところへ自然と手がいくようなフレーズ三昧。全体感を作るはしづめ氏と好対照なキャラクタに感じました。

終演後は「ポッケ」にてジンギスカン祭り。酒池肉林の限りを尽くしながら札幌シーンのディープな最新事情を(書けることも書けないことも)伺えました、羊の皆さんと札幌の兄、本当にありがとうございました。
26時頃祐伸邸に伺いネコたちとのコミュニケーションに失敗しつつやさしく沈没。祐伸氏、おんど氏本当にありがとうございました。

11/13 札幌→東京
各日確実に深酒はしつつも2次会3次会そして朝まで!みたいなパーティがなかったせいか、はたまた泊めて頂いた先のクオリティの所為か、おそらく両方ですが今回は毎日全回復。昼過ぎ頃にnessieチームからも強くレコメンドされていたスープカレー優勝の呼び声高い「暁」に祐伸氏、おんど氏、そして合流した札幌の兄とイン。ラーメンやお寿司などに目もくれず(たまにくれるけど)北海道へ行くたびにスープカレーと洋食への経験値を積んでいく我々でした。素敵なご飯の皆さん、改めてありがとうございます。

体力の余裕感も手伝いゆっくりしすぎてうっかり致命的なミスをする一歩手前くらいなところでお世話になった御三方に別れを告げ高速バス。勝手に札幌市内-新千歳空港の所要時間1時間と考えてたのですが渋滞も特になくて1.5時間ていうのが最新の認識になりました。いつも新千歳空港の売店などをのんびり眺めるのが楽しみでもあったので急いで搭乗手続きなどをするのは名残惜しかったのですが、それはチャンスがあればまた次回に…!

滞在中ずっと雨予報だったのですが影響を受けたのは11日くらいで、特に12日は寒かったけど冬晴れだったりして、これまでに比べると色々イレギュラーな札幌ツアーでしたが伸び伸びと演奏することが出来ました。関係各所ありがとうございました!
しかし東京に着いて帰宅ラッシュと大雨。。余韻から一気に引き戻す手荒な東京スタイルの中、私たちはまた新しい楽曲を作ってまいります。

20171108

468

【DOUGHNUT/ODD】つづきます!今週末からは札幌へ。素敵なイベント、ご飯やお酒はもちろん新千歳空港の入り口の自動ドアが開いた時のスッと冷たいあの空気…、好きなバンドのワンマンの客電が落ちたあの瞬間によく似た、かけがえのないアレをまた味わえると思うと心から楽しみです。

11/11(土)札幌cafe estrada
【Rainbow connection vol.2】
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■nessie
O.A.高島連
start 18:00
1drink order

初日11/11は北海道が抱える巨大な謎バンドnessieとの2マン!nessieの音楽はトゥラリカやshiNmmのように○○×△△みたいな安易な分析を許さない、出会った人にとって合わせ鏡のような、モノリスのような、強烈な個性を持つサウンドに惹かれます。この日はO.A.でolololopのマンデーボーイこと高島連氏もソロで出演!折角なのでコラボもやる予定です。
チャージフリー!ルロウズは19時頃出演予定です。

11/12(日)すすきのXENON
【NOCON vol.12】
■LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS
■eveparty
■Hasymonew Band
■Spartankixx
open/start 18:00/18:30
charge 2000JPY(+D)

翌12日は札幌の兄江河氏の【NOCON】シリーズに混ぜて頂きました。先日東京へ招聘したHasymonew Bandをはじめ共演も最高!evepartyは先日東京で見たのですがソリッドだったりクールだったりの演奏のイメージのある江河氏のハートウォーミングで素敵な別の一面が見えるバンドでした。タイトル通りノーコン上等の思い切りのよい演奏をいたします。

2デイズなのでセットリストも変えて臨みます、ぜひ両日ともご来場いただきたいところですが11日はネイキッドなサウンドでバンドの実力が試される環境、12日はバチっとした音響でより踊れる環境って感じでしょうか。札幌の皆さんよろしくどうぞ!

チケットのご用命は下記フォームが便利です!

*必須


    公演日 *

    お名前 *

    メールアドレス *
    info@loolowningen.comよりメール受信可能なアドレスをご入力下さい。

    ご予約枚数 *

    Google フォームでパスワードを送信しないでください。

20171107

467

11/3 東京→大阪
以前は夜走りも頻繁にしていたルロウズチームですがここ最近は殆どしなくなりました。ということでこの日も朝合流して機材をピックアップ、という流れだったのですが、3連休初日行楽シーズン好天、つまりお出かけ三種の神器がこれ以上ないくらいの感じで整ってる感じで完全に見通しの甘さを痛感しました。何度も結構な渋滞に見舞われて心が壊れそうになりながら大阪へ。
もはやリハの時間には完璧に間に合わないので諦めて先に堀江のFLAKE RECORDSへ。ちょうどこの日から発売の『楕円のドーナツ/妙』取扱して頂いてます!ありがとうございます。大阪ではタワーレコード梅田丸ビル店、難波店でも取扱して頂いてるのですが時間的制約により伺えず…。

ということで気の利いた食事などする余裕もなくイベントスタート。この日は共演自体は初だけど再会だったり実は繋がっている人、みたいな方たちが多くて、LLRRやユウレカ、ティモテ、それからフードの平田屋のスタッフの方ともご縁がありました。
ルロウズはトリ。1ケ月コツコツ練習していたキリンジのカバー、漸く初披露出来ました。

11.3 para-dice
1.SMOKE ON THE WATER(DEEP PURPLEカバー)
2.象を撃つ
3.ユスリカ
4.妙
5.inferior/superior
6.The Great Journey(キリンジカバー)
7.楕円のドーナツ
E.C.カンダタ

主に新カバーのせいでカオティックながら集中力の高い演奏を出来たのではないでしょうか、7インチやこの日から投入した新Tシャツはじめ物販もたくさん手にとって頂けて光栄です…!

この日は渋滞の所為で疲労困憊、会場でのラフな打ち上げの後は寄り道せずに(といっても既に日にちはまたいでましたが)鉄兵邸にお邪魔して早々にやさしく撃沈しました。

11/4 大阪→広島
そりゃ確かにみんなお出かけをしたくなるよなという最高に爽やかで気持ち良い好天2日め。念のため防寒の準備をしてきていたのですが、暑からず寒からずの一生続いてほしい感じの気候で鉄兵邸のご加護もあり全回復したチームはマイルドな微笑みのムードに満ち溢れてました。
私たちだけではないと思うのですが天候の感じとご飯の感じは旅先の街のイメージ形成にかなり影響する印象があります。この日この朝をもって大阪が最高となりました。気候の皆さんありがとうございます。

大阪から広島は4時間くらいと割りとしっかりあるので前日の反省も踏まえて早めに出発。さすがにこの日は混雑もなくスムーズに広島入りできました。
広島ではまずDISKSHOP MISERYへ。広島で7インチ買い逃した方、極少数ですが店頭取扱あります!コメント付き面陳で置いて頂いてます、ありがとうございます。(なおルロウズ通販もやってます)

会場のSPYDERはレンガ造りでオープンな鳴りの、全く行ったことないからイメージのみですがリヴァプールはキャバーンクラブみたいな佇まい。実は先月も会ったウサギバニーボーイ、実は2ケ月前にも会ったキツネの嫁入りとも再会を果たしてサウンドチェック。

開演まで時間があまりなかったのですが無理やり外出して「カープ鳥」で軽く前打ち。カープはおろか野球も全く無知なので怒られるかとビクビクしながら入店しましたが普通に活気のあるイカしたお店でした。ソウルフードのホルモン天ぷらにも挑戦。でもきっとカープファンだったらもっと興奮するような感じだったんだろうなあと思いました。お品書きが選手名のところとか…

ライブも集中して臨みましたが若干の機材トラブル、キリンジカバーは崩壊寸前で危うく死線をさまようところでした。今回はねじ伏せる感じ。

11.4 SPYDER
1.SMOKE ON THE WATER(DEEP PURPLEカバー)
2.象を撃つ
3.ユスリカ
4.妙
5.あとで
6.inferior/superior
7.The Great Journey(キリンジカバー)
8.楕円のドーナツ

共演、ウサギやキツネはもちろん貫禄の演奏でしたが初共演のshiNmmが出色の演奏。高宮氏曰く「ずっと若いバンドとかと共演してきたけどここ最近で一番、ルーツが見えてこないバンド」というのが頷ける不可思議でヌメっとしたポップス…マンボウとかウーパールーパー、カピバラみたいな類の音楽でした。
ルロウズ物販この日もたくさん手に取って頂きました!ありがとうございます。

終演後は「迷い家」で出演陣やお客さんも一緒になって店貸し切りのパーティ!ウサギバニーボーイ周りの人脈はつくづく面白い人たちが集ってるんだなあ、そしてそこに混ざれてるんだなあと噛みしめながら和食ベースの食べ物の皆さんやお酒の皆さんを頂きました。ありがとうございます。
見境なく飲んで高宮氏に運転してもらって高宮邸で28時近くに撃沈。

11/5 広島→山口
二日酔いに呆然としながら起床し高宮邸を離脱して、この日姫路でライブのあるキツネチームがまだ広島にいるということで原爆ドーム近くの公園で合流して「十日市アパート」でランチ。およそ1年前にも徳島で似たメンバーでランチをしましたが凪氏がすくすくと成長していて時間の流れをしみじみと感じました。
痒いところに手が届く感じのご飯、相変わらず絶好の天気、ありがとうございました。

キツネチームに別れを告げて初となる山口へ。skillkillsリズム陣や山本達久氏、一樂氏をはじめ山口のミュージシャンの方たちとはご縁が深く、ずっと気になっている街でした。結果的にまあまあギリギリの時間の到着になってしまい山口県立大学構内にその後もずっといたためあまり街の空気感を味わえなかったのでまた機会を見つけて伺えればと思ってます。
大学の文化祭への出演ということでどこかの教室で演奏するスタジオライブ方式を想像してたのですが、フタを開けてみれば大ホール。しかもリハなし転換10分というスーパーソリッドな環境だったのでちょっと心配してましたが、shiNmm、ウサギバニーボーイの名演(特にこの日のshiNmmは抜群でした)を見ていて奮い立つものがありました。

そんなこんなでこの3日間ではいちばんコントロールしつつ熱を注げる演奏が出来たかと思いました。

11.5 山口県立大学
1.群盗
2.象を撃つ
3.ユスリカ
4.楕円のドーナツ
5.桜桃、梨
6.inferior/superior
7.バグとデバッグ
(うろ覚え)

大会場の天然のリバーブはやはり気持ち良いですね。バスドラムやボーカルが呼吸する感じというか。素敵な舞台を用意して頂きありがとうございました。
((会場ではグレーゾーンだった物販もたくさん手に取って頂きました、ありがとうございます…!早速コットンバッグは欠品、新Tシャツも残僅となりました))
さらにサンドイッチと栄養ドリンクの差し入れもいただきました。良い演奏の原動力になったと思ってます、ありがとうございました。

終演後はshiNmmトニセンチームと高宮氏とでまず「otto bar」で乾杯、そのあと「素晴らしきかな人生」へ移動しスタッフやこの日他の出演陣も参加する一大パーティ。大学生らしく幹部交代の感動的なシーンなどにも立ち会えて、普段とは違う打ち上げのムードを満喫出来ました。そして獺祭がほぼ飲み放題というバグったシステムのおかげで昨日に引き続き痛飲。

2日間フルパワーで時間を過ごしたshiNmmチームと再会を期して別れ、日付をまたぐタイミングで高宮氏に再び運転してもらって広島へ…とほぼ昨日と同じ登場人物と筋書きで移動するはずが道中で山本氏の財布の紛失に気づき玖珂PAでストップ。
地図で見るとわかるのですが玖珂はちょうど山口-広島の中間点くらいで、まあ本気を出せば山口へ戻れる、けど…みたいな場所。みたいな時間帯。
お金はともかく翌日の広島-東京移動時に免許証持ってないと運転できなくて戦力大幅ダウンになってしまうため、あわててshiNmmまなぶ氏に尋ねてみても打ち上げ撤収時に忘れ物は確認できなかったということ。
営業時間もとっくに過ぎてもう電話が繋がらないことを覚悟で打ち上げのお店に電話したら運良く繋がり、店員さんの力強いすぐ探してみます!というコメントから保留音にスイッチした瞬間に助手席のサイドポケットから財布が発見されたときの山本氏の表情の複雑さはご想像頂けるでしょうか?ヨロコビとフルマックスの気まずさがないまぜになった感じ、暫くしてから店員さんの「すいません、なかったです…」といかにも気の毒そうに言われたときの感じ、車内を包むどこかひんやりした感じ…。

おもろ悲しい感じのまま広島へ戻り再び高宮邸で撃沈。2日間も泊めて頂き本当にありがとうございます。

11/6 広島→東京
この4日間は本当の本当に好天。そして財布の心配もなく、さらに高宮邸の力によって全回復した私たちは9時半頃移動のミッションを開始しました。
左の写真は広島の神々とポスト財布、改めておふたり本当にありがとうございました。

米国大統領シフトといっても都内に戻るのはどうせ夜更けだし、などと思ってたのですが節々で工事渋滞があって非常に骨太な移動となりました。まさか帰路で、しかもわりと何気ないような場所で3回も渋滞に遭うとは…。
東京に戻ったのはなんだかんだで23時ちょっと前くらい、ツアーはいつだってどこだって最高ですが、やはり東京インター近くの灯りの感じとかを見るとほっとする感じがあるものです。

鉄兵氏、高宮夫妻、shiNmm、キツネの嫁入り、それから関わってくれたたくさんの皆さん、ご飯とお酒の皆さん、本当に本当にありがとうございました!ルロウズツアー続きます。

20171102

466

いよいよ【DOUGHNUT/ODD】ツアーはじまります!まずは西へ。

11/3(金祝)大阪扇町para-dice
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■ユウレカ(徳島)
■LLRR
■ティモテ
■friendly hearts of japan
FOOD:平田屋
open/start 18:00/18:30
charge 1700+D
*ルロウズの出演は21:10頃予定です。

7インチ発売初日は大阪!時間が合えば数箇所レコード店にも伺う予定です。
9月に行った際も素晴らしかったですがpara-dice、またお世話になります。
この日は出番最後、はじめましての顔ぶれですがテッペリン総合監修の冠はダテじゃない!早めのご来場をお勧めいたします。
前回公演時は4ho氏とのセッションもありましたが今回は徹頭徹尾トリオで演奏いたします。新曲演奏する…かもしれません。

11/4(土)広島spyder
【DOUGHNUT/ODD TOUR IN HIROSHIMA】
×【田舎者】
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■ウサギバニーボーイ
■キツネの嫁入り
■shiNmm
■k the music girl
open 18:00
adv 2000+D
*ルロウズの出演は20:00頃予定です。

翌4日は2度めの広島へ!ウサギバニーボーイ高宮氏より半年くらい前から聞いていたイベントはキツネの嫁入りとのWレコ発、引き締まります。キツネの嫁入りは東京ワンマンも成功させて充実のタイミング、先日東京での2マンも見事だったウサギバニーボーイはホーム、と屈指のオルタネイターたちが集結する一夜、【CREOLES】ツアーで伺った際の広島は本当に最高だったので今回も楽しみです。

11/5(日)山口県立大学
【華月祭day2】
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■ウサギバニーボーイ
■shiNmm
open 12:00
!CHARGE FREE!
*ルロウズの出演は17:20頃予定、講堂内ステージです。

そして5日は初の山口へ。山口県立大学の学祭にゲストとして出演させて頂きます。前日に続きウサギバニーボーイ、そしてshiNmmと一緒!学校が元女子大だったということで女性率が凄く高い(!)という事でよそ行きのフワッとした感じをおそらく纏いつつばっちり演奏いたします。チャージフリーなのでご予約不要、お気軽にどうぞ。

 *

11/3大阪公演、11/4広島公演チケットのご用命は下記フォームが便利です。
よろしくどうぞ!

*必須


    公演日 *

    お名前 *

    メールアドレス *
    info@loolowningen.comよりメール受信可能なアドレスをご入力下さい。

    ご予約枚数 *

    Google フォームでパスワードを送信しないでください。

20171027

465

11/3(金祝)”レコードの日”にルロウズ初となる7インチ『楕円のドーナツ(DOUGHNUT)/妙(ODD)』を&recordsよりリリースします!24bit96kHzのハイレゾデータダウンロードコード付き。
1stフル『CREOLES』からちょうど1年、私たちはこんな音を作りました。
&records HP: http://www.andrecords.jp/
"妙(ODD)"MV: https://youtu.be/8xWZgFmMbWM

レコードの日協賛のレコード店の他、ルロウズwebや&recordsでも通販やります。ルロウズwebでの詳細はinfo@loolowningen.comまでお気軽にお問い合わせください。

発売日までフル試聴できるようにしました!
https://soundcloud.com/loolowningen
是非チェックして、11/3大阪扇町para-diceから始まるツアーにご来場頂ければ、そして7インチを手に取って頂けたらと思っております。

今回はプロモーションを兼ねて収録2曲の解説というかメモ。是非サウンドクラウドで音を鳴らしながらご覧ください。

M1 楕円のドーナツ(DOUGHNUT)
変拍子を選ぶ必然性とか距離感というテーマはルロウズにとっては(敢えて無視したりとかもありますが)大事なものです。回転寿司の等速のベルトコンベア上を均等にマグロ(4拍子)が来るか色の違うお皿であるエンガワ(変拍子)が来るか程度の変化しか生まれなかった場合変拍子を選ぶことはあまりなく、たとえばエンガワが突然3カン乗ってたりとか、エンガワがお皿からはみだしてたり、上流の方で誰かズルしたのか皿しか回ってこなかったり、来るエンガワが超傷んでたり、そういうバリエーションを準備する際にエンガワの方が面白くエラーやバグを乗りこなせるかどうか。
ちなみに私はエンガワとハマチとイカが好きです。
その意味でこの曲は"象を撃つ"(『PIDJINSONGS』収録)とともに、楽曲のムードにも貢献していて、演奏の気持ちよさもあり、他のアレンジを拒む力強さを持っていると自賛してます。

デモを作った段階ではハウスみたいに素直な4つ打ちを軸にした楽曲だったのですが、パラパラしたチャーハンみたいなドラムのフレーズによってダブステップを経由したレッドツェッペリン「移民の歌」のような揺れるタテノリの曲に仕上がりました。ベースのフレーズは「めっちゃ、凄い、凄い」みたいな私の思いつきで言ったフレーズを整理して落とし込んだため謎のグルーヴを醸し出してます。コーラス部の裏メロディは詳しくないけどエモ系のバンドのイメージ。ソロはオーネットコールマンの「ロンリー・ウーマン」みたいなイメージ。4分ジャストの曲ですがロマンチックな展開もあり、ソロもありと幕の内弁当的なボリューム感です。

自分たちが思って形にした「良い」とライブで演奏して返ってくる「良い」の良さの部分が一致する珍しい曲で、ゲスト参加してくれた西田修大氏の「これは音源化した方がよい」を真に受けてシングル化してみました。

歌詞は満員電車の1コマから。

サウンドについては打ち込み感を出すためドラムは生演奏後に太鼓の余韻を消すエディットをしまくりました。エレキギターを使わなければもっとフロア仕様のサウンドに出来たのかもしれない。ハイブリッドな感覚の音です。


M2 妙(ODD)
90年代ギターロックへの、もっというとピクシーズのバランス感への憧れを昇華した曲です。不穏なコード進行、引っかかる展開、壊れてるぽいけどポップぽい感覚、突き放されたような聴後感。
この曲は言わないときっと伝わらないし言っても誰にも響かないだろう拘りに満ちてます。モータウンの定型フィルインをアナグラムしたフィル。ほとんどビートに関与しないスネア。上下からハイハットを挟むように叩く「北朝鮮指導者拍手型」と私たちが分類するプレイ。中間部で炸裂するBAD RELIGION"アメリカン・ジーザス"ふうのコーラス。etc..

テーマやイメージが明確だったからか、デモからはそんなに逸脱せず、クリエイティヴの袋小路にはまることなくわりとストンと仕上がりました。
歌詞は冒頭のベースラインに導かれて一瞬で出来ました。

この曲はライブでの反応が極端に無で、なのにMVにしたりB面で収録したりしてみました(別に何かへのアンチテーゼとかではないです)。"inferior,superior"(『CREOLES』収録)のMV化といい、バンドのレパートリーの中でもやや変化球の曲を立て続けにMVにしたので、はじめましての人はライブやアルバムの他の曲のシリアス感やダークな感じに触れて驚くかもしれません。。
今回の音源化&MV化で引っかかってくれる人がいることを望みます。

この曲はもうひとつ、「高校生が学祭でコピー出来る」ギリギリの難易度を意識してます。実際コピーしようとすると割と大変かもしれませんし、残念ながら現場でその人はヒーローにはなれないと思います。素直に別の曲を選んでください。

一発録りではないのですが一発録りのような、ロックバンドが伸び伸びと演奏してる感覚をパッケージング出来たと思ってます。