20160515

335

ルロウズ6月のスケジュールです!

6/12(日)札幌SOUND CRUE
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■めめめめめ
■佐藤礼央
■ハンガーハンバーガー
■My Blueberry Nights
■Anything goes
open/start 18:00/18:30
adv/door 2000/2500(+D)
*ルロウズは20:50~出演予定です。

初夏の北海道へおじゃまします。初日の6/12(日)はサウンドクルーにてトリオ編成で。前回よりパワフルかつしんどい新曲がたくさん増えているのでそれらを中心に演奏いたします、気が変わって古いのばっかりになったらすいません!

6/13(月)札幌SPIRITUAL LOUNGE
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■edy
■喃語
■The Nazie Meets her Friends
■Top Shell
■あすこここ
open/start 18:30/19:00
adv/door 2000/2500(+D)
*ルロウズはKevin McHugh(key)を加えたカルテット編成で演奏いたします。

6/14(火)札幌SPIRITUAL LOUNGE
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■nessie
■Nurnberg
■febs
■CUN’T PUSSIE, MORE
■bloom
open/start 18:30/19:00
adv/door 2000/2500(+D)
*ルロウズはKevin McHugh(key)を加えたカルテット編成で演奏いたします。

ケビンマキュー(key)を加えた4人編成での2公演を週アタマのスピリチュアルラウンジでやります。トリオでは表現出来なかった初期の楽曲、色彩感や立体感の増したアンサンブルをお届けいたします。
レパートリーをなるべく厚めにするのでサウンドクルーとスピリチュアルラウンジ2公演、もしくは全公演来て頂いても満足していただけること請け合いです。都内でもなかなかないレア編成、まず私たちがそもそも超楽しみ!是非お見逃しなく。

6/18(土)浜松KIRCHHERR
【上空の中村 無糖派】
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■PEPPERMINT U
■ラブラブフォーエバー
■シューニャトナリティカ?
■きなこむ
■鈴
■花城沢蟹
DJ Pujari
廻るDJ ピロヂ☆ハンズボン
open/start 18:00/18:30
adv/door 2000(+D)

久しぶりの浜松!女子だらけのやさしいテクスチャ感の只中にオモシロトリオお邪魔します。浜松KIRCHHERRで冴えないライブをやったことがないのはオーナー山崎氏のアツい愛の眼差しを感じながら演奏出来ているから。この日も間違いナシです!

6/19(日)大阪扇町para-dice
ときめきpresents「ZIGOKUからのフロムヘル!!vol.3」
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■ときめき☆ジャンボジャンボ
■メシアと人人
open/start 18:00/18:30
adv/door 2000/2500(+1D)

久しぶりの大阪は大復活ときめき☆ジャンボジャンボのイベント!
祝メイプル氏復活!祝フル編成ときめき☆ジャンボジャンボ復活!大仰で繊細でタフでチャーミングでアツくて泣ける、大阪の最高の4人組の節目のイベントにルロウズお呼ばれしました。大阪公演も久しぶり、そして3マンだしきっとロングセット!大阪の皆さん、ウルトラ必見です。

6/24(金)下北沢ERA
【MITOHO SESSIONS】
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■Doit Science(熊本)
■TAMTAM
DJ;畠山KJ
open/start 19:00/19:00
adv/door 2000/2300(+D)
LAWSON(L-76542),e+

九州レペゼン変拍子でなく変な拍子、熊本大代表”Doit Science”、
ルーツ=ダブ・ソウルとドメスティックオルタナを自由に往来する東京新世代”TAMTAM”、
HMountainsではドイサイエンスと互いの曲をカバーしあうほどの繋がり、
前回も気持ち悪い曲をたくさんプレイしていた”DJ畠山KJ”、
以上2アクト+1DJを迎え最高の夜をお届けいたします。

Doit Scienceはつい先日彼らのホーム、熊本navaroで目撃しましたが最高を超えて鬼神のような無敵感溢れる(でも怖くない)素晴らしいライブをしていました。ツアーバンドが全部その魅力に腰砕けになる酩酊グルーヴ、スペシャル必見でございます。

Doit Science"都市計画" https://youtu.be/qSU4hhSmVyo
TAMTAM"コーヒーピープル" https://soundcloud.com/tamtam_jpn/coffee_people_20160401
HMountains"(10分のライブ)" https://youtu.be/aTS7csobA5k

全公演ご予約はこちらからどうぞ!
下記フォームで送信→送信完了画面が出たタイミングでご予約承り完了となります。

*必須


    公演日 *

    お名前 *

    メールアドレス *
    info@loolowningen.comよりメール受信可能なアドレスをご入力下さい。

    ご予約枚数 *

    Google フォームでパスワードを送信しないでください。

20160512

334(5/8福岡cafe&bar gigi、5/9東京へ)

5/8 福岡
朝6時ごろまでなんだかんだ起きていたのに昼前に起床し吉田代表とともに寝起きの感じのまま「長崎屋」でちゃんぽん。豚骨の感じだけどちゃんぽんなので優しいアタック感もひとしおで美味、ご飯の皆さんありがとうございました。前日よりも気温、湿度ともに上がっておりもう街の人たちは夏の装い、衣替えの季節にいよいよなってきました。

この日の会場のgigiは新旧UTEROのちょうど間というような位置にあるカフェ、のはずなのにルロウズチームが到着した際にやってたfolk enoughサウンドチェックは心配になるほどバリバリの爆音。ドラムセットにマイキングをせずにアンプ類にのみマイクを立てるっていうところにエレクトロニクスギターを冠にするイベントのこだわりが伺えます。

folk enoughチームとは昨秋の東京以来、挨拶やサウンドチェックもそこそこに既に参加者たちにアルコールが入りはじめる会場の感じにこの日のイベントの成功が想像されました。
事前にfolk enough井上氏より送られてきたタイムテーブルに「17:00~前打ち」って書かれていて苦笑したのですがその通り「呑酔庵 味季」で前打ち。日本酒のラインナップが圧巻の素敵な場所で次々酒が進んでいくわ出演者でない人もテーブルにどんどん増えていくわで祭りになりました。オクムラユウスケ氏、アビくんにも久々の再会。ご飯とお酒の皆さんありがとうございました。

泥酔一歩手前のサイクロプスのうみ氏のウルトラアッパーな開会の発声でイベントがロケットスタート。オープナーのCYCLOPSはオルタナ、パブロック、ロックンロールなどがごった煮になったサウンド、素敵でした。
先攻ルロウズは酒量が赤倉氏1に対し上田氏3、山本氏8くらいの感じでしたが事故なく集中して演奏出来ました。普段赤倉氏0、上田氏0、山本氏2くらいの感じだったのですがこういうのもアリ。井上氏にずっとトラブルやハプニングを期待されてたのでその意味では申し訳ありませんでした。

5.8@cafe&bar gigi
1.群盗
2.象を撃つ
3.あとで
4.ユスリカ
5.楕円のドーナツ
6.桜桃、梨
7.針金の木
8.inferior/superior
E.C.バグとデバッグ

folk enoughはこの日素晴らしいライブ。先日のDoit Scienceの演奏を観ていても似たことを思いましたが彼らは所謂最近のロックバンドの方法論のようにタテや短い射程のヨコの連続で捉えるグリッド的デジタル的発想では音楽を作ってないのだなと感じます。
もっと立体的で、そして伸び縮みする時間の美味しい部分を上手につかまえてグルーヴを紡ぐようなアナログなスタイル。そしてライブ感を増すような面白いノイズやバグの要素、人間力の部分を取り込みやすい方法論だなと思いました。folk enoughはその通り、途中で蹴りが出たり大団円が出来たり、タイトロープを渡るような緊張の部分とフィードバックノイズによる弛緩の部分が混在して凄まじい演奏でした。井上氏は音だけでなく空間の支配者だなと感じました。

井上氏のMCも手伝ってこの日も物販をたくさん手に取って頂けました。ありがとうございます!

終演後は本打ちとして「ケンチャンスマイル」へ。現acid mothersのウッチー氏とも久々の再会。洋風な食事と大量のお酒により赤倉氏が店先に雨の中撃沈するなどほろ苦いオモシロなどもありつつ夜は更けていくのでした。〆後は再度代表邸へ。

5/9 福岡~東京
演奏だけでなくエンターテインにも命を懸けるルロウズチームは撃沈した翌日も本気で遠征を謳歌します。レンタカーを借りて吉田代表、そしてこの旅に終始同行してくれた局地的あーみん氏と福岡市内散策へ。時間に余裕があれば吉田代表の教えてくれたダークオルタナスポットにも行けたのですが代表やあーみん氏がケツがある、とのことで空港そばの「ひらお」で天ぷらランチからの「マンガ倉庫」でディグ。ひらおは昭和モーレツ感溢れる、ヨコにめちゃくちゃ長いカウンターの後ろをお客さんがベルトコンベアーのように並んで進んでいくシステムと透明の大きなケースに入ったフリーイカの塩辛のビジュアル、そして自動ご飯盛り器が衝撃的でしたがとても美味しかったです。機械が介在しているところは多くないのになんかオートメーションという言葉を想像しました。ご飯の皆さんありがとうございました。

代表やあーみん氏と別れてベタな福岡観光スポットは既に制覇したルロウズチームは何故か割と遠いし荷物になるから買えないし食疲れで多少眠いし東京にもあるのにIKEAへ。おそらくツアーバンドでこんな謎だらけの動きを見せるのは我々だけではないでしょうか。

福岡空港は市街地からすごく近いのが便利。恒例の空港打ちを第1ターミナルのレストランで厳かにとりおこない、前2便が機材繰りで大幅に遅延していたのにルロウズチームの便は定刻発という〆の美しさ、ヒキの強さがあったにも拘わらず成田からの帰路で上田氏が終電をサクッと逃しツアーはゴロゴロと転がっていくのでした。

 *

2016年に入ってから練習は大量にしていたもののライブ本数は少なめだったので今ツアーはロングセットも2回あったりしてやり甲斐もあり、そしてリアクションも良くてすごく印象的な内容となりました。今月はまたたくさん練習や色々な仕込み、そして6月は北海道ツアー、関西ツアー、そして【MITOHO SESSIONS】と流れていくのでより高みを目指し精進してまいります。

最後に今ツアー本当に本当にお世話になったDoit Science清田氏、PANICSMILE吉田代表、folk enough井上氏、そして全公演フォロー、サポートしてくれた局地的あーみん氏どうもありがとうございました。

L

20160511

333(5/7福岡UTERO)

5/7 熊本~福岡
なんだかんだで寝たのは4時半頃だった、ような…この日も昼から動くため10時頃には起床し清田氏と合流し、銭湯~昼食へ。前日は雨がポツポツ降っていたのですがこの日は快晴、そして暑いくらいの陽気。ということで清田氏オススメのちょっといい豚カツのお店「勝烈亭」に行ってきました。本店が満員だったのですが間借りしてる分店が空いてます、と案内されたのがもともとハンバーグを売りにしていた洋食のお店。震災の影響でそうなってしまったのでしょうか?
AVの撮影現場みたいな絨毯やデコラティブな螺旋階段、大きな飾り窓やカーテンなど内装もキラキラした洋館と豚カツやキャベツのミスマッチ感、J-POPのオルゴールアレンジがステキでした。
ご飯の皆さんご馳走様でした。

今日は休みだからとそのまま清田氏の運転で福岡へ。つい先日開通したばかりの九州自動車道は時々道がうねっているようで車がドコンドコン浮き沈みする感覚がありました。途中のSAではついソフトクリームを食べるくらいの夏日。

新生UTEROは旧UTEROから距離にして徒歩5分くらい?ミュージシャン用の導線がしっかりしていたりバーカウンターとフロアが別フロアになっていて逃げ場が確保されていたりと、ミュージシャン目線やオーディエンス目線にたった、よりユーザーフレンドリーな会場になっていました(前がダメだったというわけではないです)。そして音がデカい!都内の音大きめのハコのさらに+5dbくらいぶちこんでるのではってくらいの、うぶ毛が逆立つボディソニックサウンドでした。ステージに立つとローが固めにバッチリ効いてるのでやりやすい感じ。

リハを終え、ナンジャカ/miu mauみわこ氏や百蚊原尻氏に超久々に再会したり魚座藤井氏を紹介してもらったり10回くらい会ってるのに毎回初対面の感じを出してくるマクマナマンじった氏にこの日もお辞儀をされたりしつつ伝説の喫茶名店(のような気がする恐れが否めない割合も一定程度ある)「ジャルダン」でコーヒータイム、
を経てこの夜の公演へ。

福岡2公演あるのと前日がハッピーで人懐こいセットリストだったためこの日は思い切りツンケンしたセットにしてみました。妙にバタバタした気もしますが集中して演奏出来ました。

5.7@UTERO
1.象を撃つ
2.鋏のあと
3.楕円のドーナツ
4.ネオンライト
5.衛生的な人
6.inferior/superior

この日も物販をたくさん手にとって頂けました。ありがとうございます!

終演後はしばしUTEROにてナンジャカエツジ氏やウナム氏とポールマッカートニーの話をしたりしつつダラダラ中打ち、殺人事件のあったビルにカラオケに行くチームと飲みに行くチームのうちルロウズ陣は「飛車角」の飲みの席のナンジャカ、SHITMS両チームに合流し痛飲。鎖骨を折った方の腕を振り回しオモシロトークをシームレスにDJするSHITMSフクモト氏とノーズフルートのコツを突然掴んだみわこ氏がMVPでした。
終盤でPANICSMILE吉田代表もお店に合流し、ルロウズチームはヘロヘロな状態で代表家に収容。そのまま寝ればいいのに色々と話し込んじゃったりして朝6時頃沈没。

L

20160510

332(5/6熊本NAVARO)

5/6 東京~熊本
そもそものはじまりは数ヶ月前、清田氏とのメールのやりとりでのこと。LCCの成田-熊本便が朝早くと深めの夕方の2便しかないためラクチンな夕方便にするかもです、と伝えたところ氏より「それでもイベントのスケジュール的には大丈夫だけど早く来てみんなでイルカ見たりするのも楽しいかもですよ」という何気ない一文を見るや否やメンバーのスケジュールも確認せず早朝便を手配しちゃう、というイントロがありました。

そしてそのあと暫くして件の地震。ルロウズのオフィシャルでは沈黙を貫いておりましたが前震の直後に会場のナバロで本公演の打ち合わせ予定があったのを伝え聞いたり、大変な状態をニュースや新聞、SNSなどで目にする度にルロウズチームでも様々な葛藤や逡巡がありました。世間体や大文字の正義とかを気にするようなバンドでは全くないので音楽の意味が…とかではなく、単純にドイサイエンスのメンバーの手を煩わせていいのかと思っていたのですが結局GOすることに。
改めまして熊本地震で亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、
被災された地域の方々に心よりお見舞いを申し上げます。

そして眠い目をこすりつつ熊本空港へ午前着。空港で清田氏と合流しイルカウォッチングのため天草へ向かうのですが飛行機内から見えた点々と目に飛び込む家屋の屋根を覆うブルーシートの水色や信号が壊れていて警察官が交通整理する風景、途中で経由した益城町の状態や道がデコボコして酔いそうになる感じ、様々な地方から支援に駆けつけたのであろうナンバープレートや渋滞など情報だけではわからない現場の感覚に圧倒されました。また道中では清田氏から地震のときの色々な話も聞けて神妙な気持ちに。

神妙な気持ちになり終わりくらいのタイミングで天草着。今回の裏テーマに寄付でない形で熊本にお金を落とそうというのがあったので取り急ぎ鯛づくしの超豪華な昼食を頂きました。清田氏が運転をしてくれるとの事でいきなり飲酒も。最高のスタートダッシュ、ご馳走さまでした。
そしてイルカ。地震の所為かGW中にも関わらずだいぶ空いてる感じでしたが老夫婦ふう2名とヤングママふう2名と乗り合いのボートで島原湾の沖の方へ。当初はなかなか楽しいんだろうな、海に出るだけで割りと楽しいだろうし、くらいの気持ちだったのですがこれがどうして人生屈指の経験でした。約200匹の、餌付けしてないとのことなので野生のイルカがぴょんぴょん飛んだりクルクルしたり波を追いかけてきたり手の届きそうな距離で天真爛漫な動きをする様子は清田氏の言葉を借りると「尋常じゃないヒーリング効果」がありました。
ここをご覧の皆さんへ、どれくらい文章でお伝え出来るかわかりませんが本当にオススメです。場末の軟弱なデートスポットでしょ、みたいに思って体験しないのはとても勿体ない、他では味わえない気持ちになれると思います。

熊本市内に19時頃に戻るとデパートが早い時間に閉まってたりボランティアの建築診断士による建物の入り口にある「チェック済み」「危険」みたいな色付の張り紙があったり、パッと見問題がなさそうなのに閉まってるお店やホテルがあったり。
爪痕の痛々しい熊本城も見に行きました。益城町~鯛、イルカ~熊本城とラウド-クワイエットの落差で脳がクラクラする感じ、、もはや演奏をしに来たのを忘れるほどのインプットがありました。

NAVAROに着くとSOIEがリハ中、スピーカからの大きな音を聞いてようやく切り替えが出来てきました。NAVARO店長やドイサイエンスメンバーとも久々の再会、NAVAROは地震の影響は入り口にヒビが入っただけで建物としてはほぼ問題がなかった模様でしたが空調が壊れたようでこの後の季節に向けて大変そう、、先日の400人入った(!)THA BLUE HARB公演は演奏もさることながら雰囲気と併せての熱気が凄まじかったそうです。

昼間の見聞で疲れるかと思いきや逆に覚醒した我々の演奏はバッチリ。ホーム&アウェースタイルで6月に再度東京で共演するので5月に微妙な感じを見せたらヤバいなと思ってましたがおそらくいいムードを作れたと思います。そしてDoit Scienceは予想していた最高さをさらに超えた鬼神のような演奏。全く根っこの発想が違う楽曲たちに触れてちょっと凄すぎて会場が放心する感じでした。熊本の人たちはあの演奏に頻繁に触れられると思うと凄くジェラシー!

5.6@NAVARO
1.群盗
2.象を撃つ
3.ユスリカ
4.妙
5.クレンジング・ミー
6.楕円のドーナツ
7.桜桃、梨
8.バグとデバッグ
9.inferior/superior
E.C.カンダタ
(うろ覚え)

投げ銭だったからなのか物販をたくさん手にとって頂けました。
本当にありがとうございます。

終演後はたけながで打ち上げ。ちょうどいい、気持ちよい感じに盛り上がりました。こういう日をたくさん積み重ねた果てに穏やかだったり退屈に感じたりするような美しい日常がまた帰ってくるんだろうなあ、と思いつつゲスい話や深い話など。最後まで残ってくれた皆さん、馬刺しをはじめ色々な食べ物の皆さん、ビールの皆さん、本当にありがとうございました。
清田氏の実家にルロウズ+あーみん氏で川の字で沈没。朝までありがとうございました。

L

20160504

331

【JAMFES2016】ninespices公演終了!ご来場頂いた皆さん、お招き頂いた野口氏、それから激務のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

WINDOWZのコアマッスルをほぐすようなぶちかまし系ファンクのあと、硬質な変拍子の数々を演奏いたしました。この日初めてルロウズに触れた方にも届くような演奏になっていたら何より。

5/3 at ninespices
1.象を撃つ
2.衛生的な人
3.楕円のドーナツ
4.ユスリカ
5.inferior/superior
6.バグとデバッグ

物販もたくさん手にとって頂きありがとうございました!

終演後はもうすぐ閉店となってしまう高円寺bigliettoへ。店主eetee氏の繰り出すスパイス感変幻自在のペパーミントのカレーや自家製サングリアなどを堪能するあまり暗い方のメガネが終電を逃したりしました。

L

20160502

330


明日は【JAMFES2016】3日目にルロウズ出演いたします。ウォーリーを探せ状態ですがルロウズの出演は新宿ninespicesにて19:45~、イベントを共催したWINDOWZの次という嬉しい順番。
ご心配な方はバンド予約も承りますが前売/当日の区別はないですしフラリと行く感じでOKみたいです。総合受付は新宿JAMですのでそちらでリストバンドをゲットして頂いてから各会場へどうぞ!
http://jamfes2016.main.jp/index.html

ルロウズ最近ですが新曲「他人の夢」に着手しております。シンプルだけど根っこがぐらついている、斬新で静謐なアレンジにご期待ください。また近々新映像、新物販をドロップいたします!
併せてお楽しみに。

 *

全公演ともに予約フォームでのご予約承ります。
下記フォームで送信→送信完了画面が出たタイミングでご予約承り完了となります。

*必須


    公演日 *

    お名前 *

    メールアドレス *
    info@loolowningen.comよりメール受信可能なアドレスをご入力下さい。

    ご予約枚数 *

    Google フォームでパスワードを送信しないでください。

20160424

329

ルロウズ5月は;

5/3(火祝)新宿JAM, nine spices, Live Freak, Loft Bar, STUDIO JAM
【JAM FES 2016】
charge 2000yen+D(高校生Dのみ)
http://jamfes2016.main.jp/index.html
*ルロウズの出演は19:45頃新宿ninespices予定です。

今年もルロウズ【JAMFES2016】お誘い頂きました。
ウルトラ本気を出せば理論上は2000円+ドリンクで延べ500バンドを見ることが可能(高校生は無料!)という狂乱のイベント、ルロウズは5/3(火)19:45~出演予定です。
7日間ぶっ通し、鬼のような、というか鬼も太刀打ち出来ぬ狂気のタイムテーブルの割りに昨年は全く出演時間押さなかったというミュージシャンもスタッフもオーディエンスも全員助け合う感覚が印象的でした、今年はどうなることやら。。

【LOOLOWNINGEN KYUSYU TOUR 2016 SPRING】

5/6(金祝)熊本NAVARO
【Art Blakey#43】
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■Doit Science
■SOIE
open/start  20:00/20:30
charge 投げ銭+1Drink order
http://navaro.info/home/

熊本地震で亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、
被災された地域の方々に心よりお見舞いを申し上げます。
熊本公演についてはメンバー一同考えていたのですが演奏に伺うことにしました、
当公演開催にあたり大変な中ご尽力頂いた
清田氏、土井氏本当にありがとうございます。
5月に熊本、6月に東京のホーム&アウェイ方式で
確実に現代日本のロックバンドでいちばんすごい音を作っている人たちのうちの1組、
Doit Scienceと平和的に対決いたします!3マン。

5/7(土)福岡薬院UTERO
【Songs Without Equal】
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■THE SHITMS
■ナンジャカ
■向こう岸
■THE JELLY SLONE
open/start 18:00/18:30
adv/door 2000/2500(+1drink order)
*ルロウズの出演は20:30頃予定です。

超絶キレイになったと話題の新生UTEROにお誘い頂きました!
キレイになったといっても旧UTERO汚かった印象はあまりないですが…
共演は全アクト始めましてですが吉田氏の深謀遠慮がきっと伺える、信頼の一夜。
そういえば愛すべき打ち上げスポットとり屋台がなくなる説を耳にしました、
終わりと始まり、色々なものが動いています。

5/8(日)福岡cafe&bar gigi
electronics guitar X-seriese【Count..】
LOOLOWNINGEN×FOLK ENOUGH
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■FOLK ENOUGH
O.A.;CYCLOPS
open/start 19:30/19:30
charge 1500(+1drink)
ルロウズの出演は先行、20:30頃予定です。

レペゼン福岡変拍子でなく変な拍子、そしてやはり
確実に現代日本のロックバンドでいちばんすごい音を作っている人たちのうちの1組、
FOLK ENOUGHとの2マン!
フォークイナフを見ているといかに自分たちが無意識に
バンドサウンドのクリシェに溺れているのかを痛感します。
音を出す楽しさ、そしてロックバンドのクールネスを体現する奇跡のカルテットと
平和的に対決いたします。

全公演ともに予約フォームでのご予約承ります。
下記フォームで送信→送信完了画面が出たタイミングでご予約承り完了となります。

*必須


    公演日 *

    お名前 *

    メールアドレス *
    info@loolowningen.comよりメール受信可能なアドレスをご入力下さい。

    ご予約枚数 *

    Google フォームでパスワードを送信しないでください。