20201107

678




12.6(日)@渋谷HOME

【Rural Floors】 

■Ryo Hamamoto the band

■LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS


Open 15:00 / Start 15:30

ADV ¥2500 / DOOR ¥3000 (*30人限定)

Streaming Ticket ¥1500 (https://qumomee.toos.co.jp)


ルロウズ久しぶりにライブやります!ryo hamamoto率いる偉大なトリオと昼下がりにたっぷり50min×2マン、会場も私たちのキャリア初の渋谷HOME、時間もあるので新旧とりまぜて最新セットをお届けいたします。ご来場厳しい方も配信もあるので宜しくどうぞ、たったいまより予約受付開始いたします。なおこの日にはここ数か月仕込んでたお知らせもいけそうです!ご期待くださいませ。

20201013

MERCHANDISE

掲載されている商品はメールオーダーも承っております。
ご希望の商品、枚数、支払い方法など詳しくは
info@loolowningen.comまでお問い合わせ下さい。


LIVE ALBUM 『ÖKUMENE​/​ANÖKUMENE』\1,000(tax in)
LOOLOW DISCUS(LOOL-03)
abailable on Bandcamp
1.鋏のあと(Trace) 2.折鶴(Papercrane) 3.It's (Not) Gonna Happen
4.演じるサイン(Perform/Sign) 5.睡蓮(Waterlily)
6.かりずまい(Temporary) 7.ポラリス(Polaris) 8.Mob 9.Q.E.D.
10.招待の無い(Unwelcomed) 11.エンドロール(Credit Roll)
12.ドア(Door) 13.クーデター(Coup)
2020.10


2nd full album 『ANÖKUMENE』 \1,000(tax in)
DEAF TOUCH (DT-001)
abailable on CD / Bandcamp
1.訪れを(The Coming) 2.折鶴(Papercrane)
3.It's (Not) Gonna Happen 
4.演じるサイン(Perform/Sign) 5.睡蓮(Waterlily)
6.クーデター(Coup) 7.鋏のあと(Trace)
2020.2


COVER ALBUM 『FAR EAST IDIOM』
DEAF TOUCH (DT-002)
abailable on Cassette / Bandcamp
1.The Great Journey (Cover of KIRINJI feat. RHYMESTER)
2.Moonlight Legend (Cover of Sailor Moon)
3.Behind The Mask (Cover of YMO)
4.Paranoid (Cover of Black Sabbath)
5.Smoke On The Water (Cover of Deep Purple)
6.Usagi Bunnyboy Medley (Cover)
2018.12


7" 『楕円のドーナツ(DOUGHNUT)/妙(ODD)』\1,000(tax in)
&records(SONIC-020/&128)
ハイレゾ・ファイル(24bit/96kHz)のDLコード封入
A side:楕円のドーナツ(DOUGHNUT)
B side:妙(ODD)
2017.11
1st full album 『CREOLES』 \2,500(+tax)
&records (SONIC-016)
16Pブックレット封入/ハイレゾ・ファイル(24bit/48kHz)のDLコード封入
1. 未踏峰(We Climb An Unclimbed Mountain)
2. バグとデバッグ(Bug And Debug) 3. ユスリカ(Midge)
4. あとで(Afterwards) 5. 衛生的な人(Sanitary Man)
6. inferior/superior 7. 群盗(The Robbers) 8. 鋏のあと(Trace)
9. レクイエム(Requiem) 10. 黒白の虹(Monochrome Rainbow)
11. 未明のパレード(Parade Before Dawn) 12. リボン(Ribbon)
2016.11


2nd mini album 『PIDJINSONGS』 \1,500(+tax)
LOOLOWDISCUS(LOOL-02)
1.PIDJINSONG 2.ネオンライト 3.カンダタ
4.桜桃、梨 5.蜜蜂 6.象を撃つ
2014.09


1st mini album 『MISTERIOSO』 \1,600(+tax)
LOOLOWDISCUS(LOOL-01)
1.クレンジング・ミー 2.スケルツォ・ミオクロニア
3.図書館 4.針金の木 5.手のリレー
2013.03


1st CD-R \500(+tax)
1.グルー、グルー 2.訪れを 3.針金の木
4.クレンジング・ミー 5.手のリレー(2010) 6.クレンジング・ミー(2010)
完売につき廃盤となりました。


20201012

677

Bandcampでリリースしたキャリア初となるライブ盤ÖKUMENE​/​ANÖKUME、もう聴いて頂けましたか?既にお求め頂いた皆さんありがとうございます、未聴の方は是非チェックしてみてください。今回は各曲のメモ。チェックしながら読んでもらうとより面白く聴いて頂ける、かもしれません…!

1.鋏のあと(Trace)
元々は1stアルバム『CREOLES』に収録されていたノイズロック風作品。中学生の頃からギターヒーローに憧れがあった私としてはザックワイルドでいうペンタトニック、ピートタウンゼントでいうウインドミル奏法、みたいなシグネチャープレイがずっとほしいなあと思ってたのですが、アーミングが、ってところでジミヘンとかブラッドギルスとか偉大なるパイセンたちの末席に恐る恐る混ぜて頂けませんでしょうか…?そうした淡い片思いと、液状グリッドが混ざった不思議なアヴァンパンク。

2.折鶴(Papercrane)
シーケンスパターンは元々は上田氏に演奏してもらっていたのですが、リハでこの曲に触れる度に彼の顔がどんどん土気色になっていっていたので最終的にはまさかのiphone7が演奏。このアレンジに落ち着くまで凄く時間がかかり幾度もリライトして苦労しまくった、かつ演奏の難しい曲なので思い入れ自体はありますが、ライブ映えあまりしないため今後演奏の機会はほぼないという非業の曲。ビートとしてはトラップやアブストラクトR&Bを誤訳した感じにしたような。

3.It's (Not) Gonna Happen
folk enoughを初めて見たとき「退屈を恐れない」というアレンジに価値観が揺さぶられるほど衝撃を受けたのですが、所謂グランジのラウド-クワイエット-ラウドみたいなやつを曲単位でやってみようと思った曲。5秒で作ったリフ、8秒で書いた歌詞、1秒で決めたタイトル、全く意味のないコール&レスポンス。何気に演奏が難しい曲です。

4.演じるサイン(Perform/Sign)
リフは偉大。凄く小さい音とまあまあ小さい音だけで演奏をすると音を自分たちが制御している、という感じがすごくあってとても良いです。あとトレモロも偉大。

5.睡蓮(Waterlily)
ライブ映えするアレンジを目指したのですがやってみるといつも案外フロアが死んでる曲。4拍~4拍5連のフィールで揺れるグルーヴと水滴の零れるようなギター。私の中でシューマン進行と呼ぶ解決感のない/言い切り感のない旋律。ストラトの、リアの、クリーントーンって特に私のはヴィンテージ系のピックアップなのでキンキンしてて一生使わないと思ってたのですが手元でボリューム調整してやるといいもんですね。

6.かりずまい(Temporary)
新曲。1曲くらいこういうのがあってもいいかなと思って書いた小品です。このアレンジはデモのまま、歌詞は実はもともとドイツ/カナダのSea Moyaってバンドのトラックのために書いた、しかも歌ったリリックなんですが向こうでリリースされる気配がないので先に使いました(ここをご覧のSEA MOYA関係者の方はご連絡お待ちしてます)。

7.ポラリス(Polaris)
新曲。今回の新曲群の中でいちばん自由度が高くて演奏していて楽しい曲、なぜならミスタッチとかを気にしなくていいから…。私の拗れた31KNOTSへの愛を供養する曲で、タッピングという表現を使って素直にかっこいいと思えるのは後にも先にも彼らだけです。当初はもっとカッチリしたビートでのアレンジを志したのですがまとまらず、ヤケクソになってやったフリーぽいアレンジが案外意味深な感じもあり全体の中でアクセントにもなっていたので採用。歌詞もアレンジも気に入っていてスタジオ盤を作りたいのですがポストプロダクションの余地が少なそうで(しかも手を加えると良くなくなりそうで)悩んでます。本作ハイライト。

8.Mob
新曲。この曲やM6,M12は全体の楽曲群のバランス感から逆算して作りました。そういう作り方が出来るようになったのは成長なのか、それとも誠意のない方法なのか。いずれにせよ普段はやらないようなエレクトロパンク風味のアレンジに着地させられました。この曲もM3同様「退屈」の属性にするため敢えて展開を徹底的になくしてますが、きちんと録音すればDJとかで使用出来そうですよね。
この曲のみベースを後付けで歪ませたり、声にエフェクトをかけたり、積極的にリミックスしてます。

9.Q.E.D.
新曲。シンプルぽいけど不思議に歪な構造をしているっていうのを目指した曲で歌やオケの譜割りが特殊です。そしてそれをTHE WHOのように天真爛漫な感じで演奏するっていうテーマ。ルロウズの曲で殆どないメジャー進行の曲です。これもきちんと、スタックアンプ段積みみたいな環境で録音したいなあ…。

10.招待の無い(Unwelcomed)
新曲。この曲はだいぶアレンジに時間を使ったのですがまだもっといじれそうですね。アシッドを浴びたロックンロールの残骸みたいなアレンジにしたかったのですが、振り返るとちょっと頭でっかちになっている気がします。言葉遊びをしたくて色々頑張りました、歌詞にプライドの番人ゲイリーグッドリッジって出てくる曲って日本では他にないと思いますが、それはまあそうでしょうね。

11.エンドロール(Credit Roll)
新曲。この曲の立ち位置は難しい。普通ぽい感じを逆張りで狙ったわけでもなく、しれっとこんな感じに着地してました。この辺で疲れてきてギターソロ部分がやりたかったことの20%くらいしか演奏出来なかったこととライブで最後にやった「訪れを」が失敗してこのアルバムから泣く泣くカットしたのが本ライブ2個の心残りです。全体の流れの中で聴くとどうなんでしょうか?前後関係的に意味深に聞こえるのかな?それともアレンジ不足に聞こえるのかな?未だ客観的になれないです。

12.ドア(Door)
新曲。シドバレットのゴールデン・ヘアという曲へのオマージュ。夢の入り口、みたいな、彼岸と此岸、みたいな、そういうのが好きです。この曲はコーラスが命だったのですが山本氏のマイキングの関係であまりハーモニーを引き出せず。ということでこれもスタジオ録音でリベンジしたいなあと考えるのです。

13.クーデター(Coup)
やはりこの曲こそが当プロジェクトの根本にして本丸、それまで自分たちで作ってきた方法論と全部において違うことに挑戦出来ている/新しい音を作ることに成功しているっていう意味でマイルストーン。酔っぱらったドラム、よちよちついてくるベース、トーン0+アーミングだけでスケッチするギター。

録音はFORESTLIMITの音鬼ことナパーム片岡氏。この時の録音環境なのですがライブレコーディングに一般的なライン+エア、だけでなくサラウンドのスピーカーをモニターに使って積極的に擬似立体音響を作ってそれも混ぜてもらいました。凄く楽しかったのでレコーディングにFORESTLIMITを使うの、すごくアリだと思いました!

20201002

676


ÖKUMENE​/​ANÖKUME by LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS 
LIVE RECORDING AT FORESTLIMIT, HATAGAYA ON AUG 1ST, 2020

1.鋏のあと(Trace)
2.折鶴(Papercrane)
3.It's (Not) Gonna Happen
4.演じるサイン(Perform/Sign)
5.睡蓮(Waterlily)
6.かりずまい(Temporary)
7.ポラリス(Polaris)
8.MOB
9.Q.E.D.
10.招待の無い(Unwelcomed)
11.エンドロール(Credit Roll)
12.ドア(Door)
13.クーデター(Coup)

1,000JPY(Tax In)
RECORDED BY NAPALM KATAOKA
MIX,MASTERED BY SHIGERU AKAKURA
PUBRISHED BY LOOLOWDISCUS

急遽リリース!ルロウズ新譜は8/1に行われた幡ヶ谷FORESTLIMITでの演奏を再編集したライブ盤です。ライブ盤といいつつ未発表7曲を含む実質新譜、Bandcampフライデーの本日10/2より配信開始!ジャケットは人生屈指のボロ負けをしたテキサス州マーファでの1枚。

シュールの極北、低反発ポリ/クロス/マルチリズム。ルロウズトリオが辿り着いた境地はオルタナティブなれの果て、休符のうるさいアヴァンパンク、日本インディのモノリスたる彼岸の音。ミニマルな機材とスカスカな音、ブカブカなグリッドここに極まれり。

20200920

675

 

詳細出ました、FELL RUNNERやSTANDARDS、さらに日本からGREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE、SALSAなど友達も一緒に出ます。オンラインで。たまたま国立で知り合ったJO PASSEDも出ていてそういうのもステキ!よろしくどうぞ。

20200917

674


 ラスベガスで毎年行われる【LIFE IS SHIT FESTIVAL】、8回目となる今回はオンラインフェスティバルとして開催予定ですがルロウズ参加いたします。収録ライブの放送に加えおそらく生でのインタビューを予定してます(全部英語)。

フェス名からビジュアルから地獄感溢れてますが、主催のBad Moon Bookingはボルダーシティの市会議員も務める人たち、そして収益はラスベガスの女子たちへのサマーロックキャンプへの寄付がされるなど凄く社会的なイベント!詳細出たらまたお知らせいたします。

https://www.facebook.com/events/307766496960473


20200817

673

 【TOKYO BOREDOM#13】終了!ご観覧頂いた皆さん、主催チーム、GOODMANスタッフの皆さん本当にありがとうございました。CLUB GOODMANの閉店のニュースを目にしてから、何らかの形で関われないかとずっと思っていたので出演の機会をもらえたのはとても光栄でした。

ルロウズはGOODMANではなく地下のREVOLEでのスタジオライブと聞いていたので音も手持ちハンディカムのマイク1発とかかなって思ってたのですがキチンとマイキング、照明も工夫されていてよかったです。スタジオのトッパーだったためサウンドチェック後not great menのウルトラ爆音ライブを味わえて良かったです。

8.15 REVOLE
1.鋏のあと
2.ポラリス
3.コンコルド
4.DOPPELGANGER

ライブ後は友達がたくさんいたため後ろ髪ひかれたものの空気を呼んで真っ直ぐ帰宅。

前バンドから数えると15年くらい出演しているので思い出でいうと悲喜こもごもあるのですが、最近でいうとKINSKIのBarrettとGOODMANで知り合って→その数か月後にシアトルで泊めてもらったのとかは特に記憶に残ってます。オルタナティブ、といわれるような指向の音の人たちが出る中でもとりわけ硬派な、誇り高きヴェニュー。改めて本当にありがとうございました。

 *

さて8月アタマより3回に亘り配信ライブをお届けしてきましたが、この後暫くライブの予定もないので録音モードになります。『ANÖKUMENE』をリリースするときには既に脳内に思い描いていた音を準備します、今回は過去一番キャッチーになるのでは?ならないか。ならないね。引き続きご贔屓にして頂ければ幸いです。